女性に多い悩みは病院に相談|尿漏れを対策して快適生活を送ろう

大切な骨盤底の筋肉

頭を押さえるレディー

産後時間がたっても症状が

尿漏れ、尿失禁は女性にはとても身近な問題になっています。人に言うことができないという人も多くいます。女性の骨盤には前方から膀胱と尿道、子宮と膣、そして肛門と直腸が収まっています。人間は直立していますので、これらの臓器がずり落ちてこないように骨盤の底が発達していき、三層構造でしっかりと支えるようになっています。尿に関しては骨盤は尿道を開閉するバルブの働きをしています。骨盤底は、出産で赤ちゃんが産道を通るときに少なからず損傷を受けることになります。妊娠中の尿漏れは大きくなった子宮からの圧迫のせいでさほど心配はいらないのですが、産後数か月たっても尿漏れがよくならないときは、注意をしなければならなくなってきています。

軽くても泌尿器科に相談

中高年になってくると重力と腹圧の影響を受けて、骨盤底がたわんでくるという現象が起きてきます。こういったゆるみが咳やくしゃみなどで腹圧がかかった時に見られる、腹圧性尿失禁の一番の原因となっています。軽い症状であれば体操だけで対応が可能になっています。進行してくるとそれだけでは対応が難しくなってきて、さらに悪くなってくると、直腸や膀胱、子宮が膣から下垂した状態になってきます。尿漏れは快適な生活を妨げるばかりではなく、生活意欲を失わせてしまったり、夫婦生活を苦痛にさせるなど、多方面に悪影響を与えてしまいます。女性に尿漏れが多くなっていますが、最近は女性専門の泌尿器科も多くなっていますから、軽い症状でも思い切って相談に行ってみてください。